ブログ

安倍暴走政治に待ったの審判、滋賀県知事選挙結果は全国的に大きな意義。

 13日投票の滋賀県知事選挙は残念ながら日本共産党推薦の坪田さんは当選はできませんでしたが、集団的自衛権行使容認の閣議決定に滋賀県民がノーの審判をした結果であり、非常に大きな意義があると思います。
 坪田さんの陣営が、集団的自衛権行使容認の閣議決定ノーを、福井県に隣接する滋賀県知事は原発再稼働反対をきっぱりと、新幹線新駅ノーの主張があったからこそ、今回選挙の争点と課題が示されたのではないでしょうか。

県民の利益と大義、道理ある旗を掲げて正面から訴えることの大切さをあらためて痛感しました。

【投票日翌日の報告集会での坪田さん】

知事選報告集会

 

 

 

 

 

 20140716知事選結果

 

 

 

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。