ブログ

集団的自衛権の緊急学習会。講師は玉木昌美弁護士(滋賀第一法律事務所)。5月23日(金)14:30~15:30 教文会館(大津市朝日ヶ丘1-11-3 高教組3階077-522-4965)、安保破棄滋賀県実行委員会主催。.どなたでも参加できます。参加無料。

安倍首相が15日に集団的自衛権の行使容認踏み出す.
集団的自衛権の行使容認は、安倍内閣のすすめる大軍拡路線、日米軍事一体化と不可分のものであり、日米安保条約の侵略的強化にほかなりません。

国の進路の基本にかかわる政策を、法的根拠のない私的懇談会の報告をもとに、一内閣の判断で変更することは、立憲主義にそむくものであり、憲法原則への著しい蹂躪だといえます。

このような集団的自衛権行使容認に対して国民は、厳しい批判の目を向けており、各メディアの世論調査でも「反対」が「賛成」を大きく上回っています。いま政府に求められているのは、集団的自衛権の行使容認ではなく、憲法9条を活かした外交努力ではないでしょうか。

安倍内閣の解釈改憲も明文改憲も許さない国民世論をさらに広げる運動をひろげましょう。

523集団的自衛権学習会

 

 

 

ブログを更新しました。10月20日投票の甲賀市議会議員選挙の結果を掲載しました。

 2013年10月20日投票の甲賀市議会議員選挙で、前回票1049票(27位)に321票増の1370票で再選、2期目となりました。公選法上お礼を申し述べることはできませんが、ご支持、ご支援いただいたみなさんの思いを胸に全力でがんばります。

 選挙中にも多くのみなさんから「高原鉄道早く再開して」、「国保税引き下げて」「介護保険料の負担大きい」など声を直接お聞きすることができました。また、街頭演説でもあたたかい激励と握手をいただき、元気いっぱい選挙戦をがんばりとおすことができました。
 議員としての3つの立場、①要望、声を市政に届け実現をはかる、②市政のチェック、③国・県にもの申す、を堅持して、選挙中にお約束した公約実現のため全力で奮闘する決意を新たにしています。

 残念ながら日本共産党甲賀市議員団は、改選前の4議席から1議席減となりましたが、その分当該の党と後援会や住民のみなさんと力をあわせてカバーし、4年後の議席獲得を目指します。

 今後とも引き続きご支援、ご協力よろしくお願いいたします。

 小西活動報告NO45号20131027

都議選で議席倍増、参院選へ

日本共産党が17議席、第3党に躍進した東京都議選。国政では「自共対決」、都政では「オール与党」対日本共産党の対決構図が鮮明になるなかでの躍進。前回までは直接東京まで行っての支援。今回は議会中なので地元からの選挙支援で街頭演説でもよびかけ。東京地元はもちろん全国の支援の結果。バンザイ。参院選もこの勢いで。